中古車の購入時にトラブルを避けるため注意しておきたいポイントは?

Summary

お目当ての車種の中古市場における価値を要チェック中古車の販売価格は、それぞれの取扱店の売買の基準や在庫の数、過去の販売状況などよって決まります。そうした中、適正価格でお目当ての車種を手に入れたい人は、早いうちから中市場における価値をチェックしておくことが重要です。定番の車種をはじめとして様々なメーカ…


お目当ての車種の中古市場における価値を要チェック

中古車の販売価格は、それぞれの取扱店の売買の基準や在庫の数、過去の販売状況などよって決まります。そうした中、適正価格でお目当ての車種を手に入れたい人は、早いうちから中市場における価値をチェックしておくことが重要です。定番の車種をはじめとして様々なメーカーの中古車を販売している店舗の中には、店頭だけでなくウェブサイトやアプリを使って販売中の車種の最新価格を把握できるようにしているところも多くあります。そのため、すぐに街中の販売店に出向くのが難しい人は、空き時間を使って価格調査をしてみると良いでしょう。また、海外の自動車メーカーのヴィンテージモデルについては、店舗ごとに販売価格のバラつきが大きいため、慎重に購入先を決めることがポイントです。

生産が終了した車はカスタムや修理の方法を確認しよう

すでに生産が終了している車を中古車販売店で購入する際には、カスタムや修理の方法について詳しい販売員に色々と質問してみると良いでしょう。たとえば、海外の名車と呼ばれるモデルの中については、すでに国内外でカスタムや修理のためのパーツが入手困難なケースも多いため、長く乗り続けたい人は注意が必要です。また、製造から長年が経過している中古車は、走行性能が劣化していたり、購入後すぐに修理が必要になったりすることもあります。そこで、中古車の購入後に経済的な負担を少しでも軽くしたいという人は、いざという時の保証制度がきちんと用意されている販売店を選ぶことが重要です。

購入する中古車を選ぶ際にチェックしておきたいポイントとしては、車の走行距離です。走行距離が長い車は寿命が短い可能性がありますが、一方で価格が安く売られている場合が多いというメリットもあります。